id:K2Daのいろいろぶっちゃけるぞ雑記:SiDE B!!

 | 

2004-12-17

定期的にオタクについて語ることが流行します。不思議なのは、オタクじゃない人が何故オタクについて書くのか、何でたまたま同じ時代に覗き窓が開いただけの他人についてそんな勝手に考えて言う必要があんの、あとそう言う場合はだいたい性欲と結びつけて語られており、それはどうなの、と思います。というか、端的にむかつくわけですが、そもそもだいたい世の中の男性に関わる全ての出来事は性欲かその代償行為として語ることでそれなりの説得力を持たせることが可能であるわけです。(もてたいだけじゃん!!)

あんなのはオタクドキュンに自分が乗り越えたと思ってる何かを無理矢理投影して語ってるだけです、馬鹿馬鹿しい、現実に存在する他人の集団に押し被せずに自分の問題として考えるほどよっぽど真摯だよばーかばーか、と殺伐します。こういう場合に出来ることは奴らもカテゴライズしてしまうことだけなので、なにか名前を付けてやりたいです。特徴的な行動は、「ここまでは同感できるけど、この先は違う」などと、どこかに一線ひこうとすることです。

僕は「集団で行動する」以外の悪いオタク特徴を全て具えているのでオタクの話題を見るだけで腹が立つ、のが真相です。

キーワードでつながる面白ブログ」について

「面白ブログ」は読み物として面白いブログ、という意味ではなく、何かものを書く場所としてのブログ勝手につながって面白い、そこに書かれていることとは関係なく、日記を書く場所として面白い、という意味だろうか? と思いました。きっとそうだ。この場合はものを書く場所としてそのユーザのブログがそのユーザにとって「面白ブログ」であると言うことだから問題ない。

プロバイダサイトプロバイダのユーザとそれ以外で二つトップページが用意されてたりするけど、はてなの場合は、「ユーザ」「ユーザ候補としての非ユーザ」「(ユーザ、非ユーザ問わず)閲覧者」、三種類の人に情報を提供する必要があるから大変。そうに見える。

トラックバック - http://nikki.g.hatena.ne.jp/K2Da/20041217
 |