Extension du domaine de la lutte

2004-12-09

[]やぐちさんについて

 「かしまし物語2」(『愛の第6感』収録曲)において、矢口さんのパートでは、「夜中にこっそりしのび足 みんなスヤスヤと寝てる この鍵開ければ デートよ (携帯の着信音) 『…って携帯鳴らすの誰だよっ!』『コラッ!(つんく♂声)』『ヒィッ』」というやりとりがなされます。こっそりデートに出掛けようとした矢口さんは、携帯の着信音のせいで気付かれ、行く手を阻まれた…という内容です。ですがまず、おかしいな?というところは、矢口さんが携帯マナーモードあるいはサイレントモードにしていなかったことです。まあ、うっかり、ということも当然考えられるわけですが、いかにしてデートをするか?ということに精通してそうな矢口さんのことですから、もしそうだとしたらちょっとうっかりしすぎなのではないでしょうか。ただ、かしまし物語自体、成功談というよりは、失敗談のベクトルに寄った歌詞も多いことですし、ラブ策士・矢口さんのうっかり失敗、という事例を提示することにより、あはは、矢口さんってばうっかりさんだなあ、と笑わせる効果を狙ったのでしょうか。そんな…矢口さんがんばれ…。勿論、矢口さんならばこんな失敗は普通しないで、大胆かつ繊細にデートの場へ踊り出てくれるものと僕は信じています。

 というか、いかにしてデートをするかに精通してそうな矢口さん、と僕は書きましたが、矢口さんからはなぜか、そういうイメージを受け取ってしまいますが、よく考えたら、これは偏見もいいところでした!

(ここから日記)そんなわけで、会社の忘年会に行ってきます。ご飯を食べたりお酒を飲んだりお歌を歌ったりしてきます。あとCDJがあるらしいく、僕もなんかかけなきゃいけないみたいです。モーニング娘。さんのアルバムを間違えてかけないように気を付けたいです。まあ、かけてしまうと、社会的な、というか会社的なアレがナニしてアレになると思うので…。それでは、オーボワー、オーボワー。

[]三匹が斬る

 結局、彼はバスで会社には行かなかった。原付で行かないと大幅に遅れるから原付を使った。今日は会社の前に放置して、明日帰るときに原付で帰ればよい、と彼はそう判断したのだった。十二時までに会社へ行く必要があったのだが、家を出たのは十二時過ぎだった。この場合、十二時までに会社へ行く必要はなかった、といえるかも知れない。なにも不都合はなかったからだ。実際、必要は無いのだ。スケジュール的に問題が無ければ、彼はいつ出社しても構わない、ということに一応なっている。フレックスというやつだ。そして今日はスケジュール的に問題は無い。無いはずなのだが、しかし、そうした中からでも問題を見つけるとすれば、いそいそと働いている他の社員のさなか、しずしずと出勤するのは何かしら、おどおどとした態度を彼に強いるということだった。そして結局彼は、周りの社員は働いているのに俺は遅い出勤だ、申し訳ない、と思いながら、しずしず、おどおどと、隠れるようにして座席につく事になったのだから、問題はあったと言えるのかもしれなかった。バスを使っていたら、その申し訳ない気持ちは肥大し、いたたまれなさが増すばかりであることが予想されたため、原付を使ったのはそういう事情があった。ただ、申し訳ない、などと思うには思うが、そして原付で急いではみたものの、彼の出勤時間はあまりかわらない。

 懐手で歩きながら仕事について考える。もう少しはやく帰れたらいいのにな、と思う。出社時間が遅いので必然的に帰りは遅くなるのだから、普段からもっと少し早く出社すればいいものだが、退勤時間が遅くなればその分朝がつらく、ここで遅い出社が許されているような状況が彼をかなり後押しするのだが、またまた遅い出社となってしまうのであり、そしてまた退勤時間が遅く、出社も遅く。その連鎖から彼はなかなか脱出できない。

 それから特に脈絡なく、エヴァンゲリオンについて考えた。エヴァンゲリオンとは彼の好きなアニメーションだ。弱った心の働きを活発にするためにも使える。それはいつか、外国で実写映画化されるというのだが、顎の割れた精悍な顔つきの、ポジティブでタフが信条であるようなシンジや、うっかり誰とでもしちゃうような女の子仕事幹線道路沿いにあるコーヒーショップのウェイトレス、ガムをくちゃくちゃと噛みながらぞんざいな接客をするのが日常といった風情のビッチなアスカ、人当たりもそれなりによく優秀なのだが恋だけがうまくいかない、なんで?私のどこがいけないのだろう?と思って過去の恋人たちに自分のどこが駄目だったかを訊いて回るような綾波、なんかが出てくるような映画になっていたらやだなあ、と彼は思うのだった。

 今、彼の心の中で―――が活発な活動を行っている。気分がざわざわしてきた。―――の部分は思いつかなかったから書かなかった。

g:nikki:id:screammachine:20041208#p2 -> g:nikki:id:fog10:20041208#1102471218 -> g:nikki:id:mutronix:20041208#p3 -> g:nikki:id:K2Da:20041208#p1

※ようやくこのグループの使い方がわかった気がします!

トラックバック - http://nikki.g.hatena.ne.jp/farrah/20041209