28 entries diary

 | 

2005-01-25 ずんどこ(fiction)

だらりらん

日記本文(※創作です)

徳山くんがウェブ日記を書きはじめたと知って、ぼくらの仲間はそろって徳山くんの家に行きました。徳山くんの家は西が丘にある二階家で、日当たりが良い。角地にあるからだ(と母さんなら言うだろう)。

徳山くんのおばさんが手作りクッキーを持ってきてくれた。紅茶の匂いがじゅうまんするベージュの部屋で、ぼくらは徳山くんちのパソコンをのぞきこんだ。徳山くんは、さっそく自分の日記を見せてくれました。ゴタゴタしてなくって、女子っぽい感じもしたけどお洒落かもしれないと思った。

徳山くんは、ブラウザから更新できるのだといって、日記を書くのをやってみせたので、ぼくらは「おれにもやらせて」と口々に言いました。そうしたら徳山くんは、無料(タダ)なんだからおまえらも自分の日記をつくればいいのだといって、ぼくらにもウェブ日記を薦めた。これがはてなの始まりです。

感想

じぶんで書いておいていてひどい話だけど、われながら訳がわからん。でも、楽しければ、いいのであって、そのいみでは、楽しいから、いいんだろう。

トラックバック - http://nikki.g.hatena.ne.jp/nobody/20050125
 |