28 entries diary

 | 

2005-01-30実際には2005年11月23日(水)

OneTropyに刺激され 13:55

結城浩さんがはてなダイアリーにお書きになっている日記に、Tropyの変化形としてOneTropyというものが出てきていた。そこではまさにこれこそ一期一会 …… って、面白くなさそうだな(^_^;*というふうに、すぐに話が収束というか終息してしまったのだけれど。でも、それに刺激されて一期一会的なものを考えてみた。ここでは仮に EnTropy と呼ぼう。

あなたは EnTropy にアクセスする。けれど、記事は表示されない。代りに、あなたは問われることになる。

  • EnTropしますか?

いいえと答えたら、それは bye の合図で、あなたは EnTropy を離れることになる。だからあなたは「はい」と答える。

あなたは「はい」と答えた。けれど、はいと答えても、まだ記事は表示されない。代りに、あなたの前には空白の編集画面が表示される。あなたが先に進むためには、この画面で何かを書かなければいけない。あなたは新しく何かを書く(EnTrop!)。そして EnTropy の中に、またひとつ EnTropy のページが生まれる。あたらしいページが生まれたとき、はじめて、あなたの前に既存の EnTropy のページが表示される。

残り

ページさくじょのロジック。案としては、たとえば n 回(n の値はランダム)表示されたら消える、だとか、あるいは次に示すような手順だとかが考えられるかも。

  • 表示されたときに「このページを編集しますか」という質問が出るようにして、
    • 閲覧者が「編集する」という選択をしたら、そのページは編集の下地となって存続する
      • →元の内容は消える。
    • そして、「編集しない」という選択がなされたら、そのページは(あっけなく)ただ消えてしまう。

だとか。この質問のところを、「このページをもとに新しい EnTropy ページを作りますか」とかいうふうに変えてみてもいいかもしれない。この場合には、編集前のページ内容の、存続の仕方が変ってくる感じ。

その他

トラックバックが飛んでしまったらごめんなさい。

あとわたくしはTropyクローン系でくりひろげられた事態自体は、あまり好きではありません。いまはどうなのかわからないですが、まえに?B経由か何かでHaropyのページを見たときに、うす暗くい雰囲気を感じて、あまり気分が良いとはいえないような感じになったので。

トラックバック - http://nikki.g.hatena.ne.jp/nobody/20050130
 |